第四の壁 演劇交流会



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


新着順:1/31
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


[31] 青森県のせむし男 3

投稿者: 亜門啓太 投稿日:2015年 8月12日(水)22時39分45秒 238.net116254003.t-com.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

舞台は額縁に入った絵である。絵に大切なのは構図と色彩としっかりとしたデッサンであり、役者たちや小道具、奏者が配置される。それらがアンサンブルとして観客の想いに働きかけるイマジネーションが重要なのである。こしばきこうの演出の優れたところは舞台空間によく考えられた比喩が散りばめられているという点がある。寺山の作品そのものがメタファーの積み重ねだが、こしばは独自の暗喩を駆使して画面に深みと謎を構築することに成功している。それは詩の世界、前衛小説に使われる手法であり自ら絵や小説を書く彼はその才能をいかんなく舞台上に造り出している。彼の演劇は常に実験的であり完成はない。毎日演出が微妙に変わるのはそのためだ。
 私は3度観劇に出かけたが、最終日に敬虔なクリスチャン夫人を連れて行った。前もって心の用意をさせることは手抜かりなくしたつもりだ。この芝居は神を知らない世界で起きるおどろおどろしいものを描いたものだと話しておいた。胸の露出や仏壇の破壊はこの日だけの演出だったのはおかしな皮肉だが、クリスチャン夫人の感想は概して好意的なものだった。それを以下に引用してみる。
「本当に感動しました。人間の罪深さ。どうしようもない刹那さや哀しみがあれほど表現された演劇は本当に素晴らしいと思いました」
 もうひとり、私は初日に北大の農学部を出て、ひたすら米作りに生涯を費やしてきた知人に声をかけた。彼は演劇というものに久しく接してこなかったようだが、並々ならぬ感動を表し、シーズン中にもういちど観に遠い厚真から通ってきた。
 今回は集客という点で異例の成功を見たわけだが、営業的なことをひとつ言及したい。誰かを観劇に誘うときは予断を避けて、できるだけ大勢の人たちに声をかけることが重要だ。あの人はダメだと決めつけてはいけない。上記のように意外なファンが隠れているものだ。


新着順:1/31
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.