teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


橋向こうの草刈

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 9月21日(木)12時07分30秒
返信・引用
  19日の昼間、農協さんから電話をもらった。
いくつかの要件の中に、橋向こうの草刈をしてほしいとのこと。
夜、地元駅からの帰りにその土地を見たら、なんとボーリング調査の櫓が立っていて
周りはボーリングの資機材が沢山並んでいた。
あ~このために草刈をして欲しいと言ったのか。と合点した。
翌日、出勤のためにその土地まで歩いたが、これは今日やったほうが良い!と感じた。
妻に電話でそのことを伝え、家に戻って草刈の準備をした。
軽トラックに積み込んで、橋向こうの敷地に着いたのが7時30分は過ぎていた。
ハンマーナイフモアを降ろして、住宅から遠い場所から草刈を始めた。
草刈は順調だが、ボーリングの資機材が無ければもっと効率的に出来るのにと思いながら。
隣家境は難しい。どの程度やれば良いのか、やり過ぎもやり足りないもどちらもダメだな。
10時を少し回っていたので、セブンイレブンに行って飲物と菓子を買い、戻って
ボーリングの職人さんに道の上から渡した。
雑草は綺麗になくなった。
 
 

井上さん

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 9月16日(土)19時49分50秒
返信・引用
  19:40井上さんが来た。駐車場を借りたいとのこと。
今日、偶然にも橋向の畑の様子とアパート周りの様子を見に回った時に、壊した貸家の
空地に黒のアウディ-が斜めに停めてあった。無断駐車だなと思ったが、写真も撮らずに
家に帰って草刈仕事を始めた。
今、ウチに来た人がアウディ-の持ち主だった。
現在、一台を借りているが、もう一台を借りたいとのこと。
代金は毎月振り込みだそうだ。
それでOKした。
 

10日 日曜日の午後

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 9月14日(木)01時30分39秒
返信・引用
  10日の午前中は義弟の七七日の法要だった。正午まではお寺に居た。
家に帰って、何かしら家の事をした後に、A邸裏の生産緑地の草刈を決行することにした。
始めるまでは決心が付かないのだ。大変だし、始めたらあまり手抜きする質でもないので辛くなる。
まあ、でも始めたわけ。オクには一人で材料買付に行ってもらった。
初めにチップソー付けた充電刈り払い機で道路沿いを刈り倒していく。土も一緒に切るように。
L型側溝に沿って、L字型に刈り取った。それから残りの2辺をまたL字型に今度はナイロンカッターに変えてブロック塀に当てるように刈り取った。
簡単に道路掃除をした後に、ハンマーナイフモアを軽トラックで運んできて使った。
こいつの御かげで草刈ができる。全部肩掛け式だったら音をあげている。
6時半を回って7時近くになったが無事に終わった。
草を刈り倒したら、道路に数十匹のコオロギが飛び跳ねていた。ごめん、コオロギ!
この畑も生産緑地指定だが、周りは家だらけでとても気疲れする畑になってしまった。
草を刈っても、耕耘しても土埃に気を使い、刈った草が飛び散るので掃除に気を使い、もし害虫
が出れば、それの駆除に農薬を撒くのに気を使い、畑土が濡れていれば、アスファルトの足跡に気遣う。
まったく農業をやるような環境ではなくなったと思う。
でも生産緑地は部分解除できないという。
解除するなら全解除らしい。そうするととても持ち堪えられない。高額な固定資産税に負けて
土地を処分するしかないことになる。だから生産緑地のままがいいのか。
本当に頭が痛い問題だ。俺が農業に従事すれば何も問題ないが、今度は収入面で不足になる。
やっぱり頭が痛い問題だ。もっともっと広い知識が欲しい。
 

屑鉄

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 9月14日(木)01時07分44秒
返信・引用
  13日の朝は会社で発生した金属類を処分するためにS商店に行くことにしていた。
朝6時頃に電話してみたら、用事があるので8時を少し過ぎてから来てほしいとのこと。
それなら仕方ないと心を決めて、家周りの不要な金物類をダンプに積み込むことにした。
まずは親父が壊したアルミのフェンス、その下のトタン板2枚、柿木下の半分のトタン板
東側側面に転がしてあった使えない園芸支柱、プレハブ物置脇のすごく古い牛の飼料の看板。
貯水槽に立てかけられたトンネルフレームの錆が酷い物だけ。同じくトラクター車庫の西側に
立てかけられたトンネルフレーム、そこにあった田んぼの除草機、寺下にあったLアングルのサツキ台の一部などなど、簡単に拾い集められる金属類を庭のアスファルトに転がして、それに
散水ノズルのストレートを全開にして泥汚れを落としてから積んだ。
S商店では全部で200kgと判定。3600円と消費税になった。
本当はもっとあると思うし、単価も安いと思っているが、被覆材も多く、お金にならないものが
混じっているのも事実だから、処分できれば御の字なのでこれで良し。
家の周りが少しは片付いたかな。ほとんど意識されない程度だけれどね。

それにしても、生産緑地制度は苦しいな。納税猶予を受けた土地は貸農園に出来ないんだな。
それではどうすれば良い?でも、2022年問題の程度軽減のために、きっと貸農園も許可になる。
そう信じて納税猶予を受けようと思う。ここは賭けだな。
賭けに負ければ自分で耕作しなければならないんだから大変だ。
まあ、それならそれで考えがあるけどね。やってやるさ。
 

義弟の七七日

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 9月11日(月)23時38分54秒
返信・引用
  義弟が無くなったのは8月5日。そして9月10日は七七日。早い。実際に少し早いのだが、早く過ぎた。姉家族と私が参列者。あとは妹家族。義弟側親族は無かった。
本当に心配事になった。
 

母の発熱

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 9月10日(日)07時53分4秒
返信・引用
  畑前を離れ、オイル交換代支払いのために自動車屋に行ったが、土曜日で会社は休みとのこと。
支払できないので、次は農機具屋に行った。昼休みだったが農機具屋さんはすぐに領収書を
作ってくれた。ついでに、側面の鉄板の部品注文もしておいた。自分で付けると言った。
家に帰り、手抜きの弁当買いに妻と出た。すぐに戻って、家で吉野家の牛丼を食べていると電話。
母のショートステイ担当者さんから、熱が38度以上出ているので、出来れば病院に行って
診察してもらってほしいとのこと。
かかりつけの病院を調べたらやっているので妻と二人で連れて行った。
車いすごとミニキャブに乗せた。乗せる時はスロープありが楽。下ろすときは二人で一気に
下ろすことが出来る。ただ、スロープは滑らかではないので、一人では押し上げられない。
病院受付を済ませたら、待ち時間も少なく診てもらえた。
聴診器を当てたが、特別悪いわけでもない様子。座薬を3回分出してもらった。
37.5度以上で使ってよいとのこと。6時間は間をとるようにとのこと。
母を乗せ、家に帰った。途中のコンビニでスティックパンを買って、母にあげたら無心に
食べていた。初めは食べ方も忘れていたが、すぐに思い出して一本を食べた。
カルピスウォーターは家の湯飲みであげたら飲み込んでむせていた。
ほんの少しだったので大丈夫と思う。でも飲み方は下手になっている。結構あぶない。
6時になるので母を乗せて家を出た。
ショートステイ先に母を送り、説明をしてからそこを出た。
今日は母のための1日になった。草刈など、家の事は何もしていない。
でも良い1日だった。
 

畑を使っている人

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 9月10日(日)07時36分8秒
返信・引用
  9日の4者面談のあと、帰りに畑を見回ったところ、使ってもらっている人のうちの一人の人が
畑仕事をしているので声をかけた。
思っている人と別の人だった。その人には人違いして申し訳なかったなぁ。
もう一人の人の家を教えてくれた。そこで声掛けしてくれて、家の角で立ち話となった。
色々な話が出た。そんな時、通りがかった人がいて挨拶ののち、話に加わった。
その人は中学校の先生をやっていた人だった。
私が在籍していた中学校の先生をやっていた。当時の中学校は一番大変な時期だったとのこと。
番長グループが二つあって、それを説得して解散させたとか。
そのころ、私の父がPTA会長をやっていて、大変お世話になったとのこと。
PTA会長は誰でもできる事ではなく、意見がまとまらない状況でも、あの人が言うのなら
それで良いとみんなが賛同してくれる力があったとのこと。
親父、本当に人望があったんだね。俺にはそれは出来ないなぁ。そんな力は無いよ。
私からは、飯能市の職員は地元出身者は採用しない、他府県から来た人だけ採用するような
新しい風を入れてくれる人を採用するくらいでないと、飯能が良くない事に気づかないと
言うような意見を言った。また、剪定の話では、一番安い会社を選んで毎年業者を変えるような
外資系の仕事などは、3年、5年先を見越して手入れをしても、翌年違う業者が入り、その次に
またウチが仕事をもらっても、せっかく将来のために残した枝が無くなっている。
これではどうにもならない話をした。これは子育て、街づくり、行政にも通じることだと思う。
先生が加わった話は終わって、耕作している人の家でお茶を戴くことになった。
上がらせてもらい、麦茶を出してもらった。
家には白くて特別人懐っこいフレンチブルドックと茶色の警戒心が強いトイプードルがいた。
赤坂で生まれ育って、二十歳ごろまでは居たという。会社の隣の魚屋は知っているとのこと。
そのお父さんは表具師だったとのこと。甲州屋さんの事は覚えているが、山本造園や山本フラワーの事は知らないという。
困ったことがあったら、いつでも手伝うから言ってくれとのこと。名刺を戴いた。
色々話した。長くなりすぎて12時を20分すぎてからそこを辞した。

 

母の事

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 9月10日(日)06時50分54秒
返信・引用
  9日の土曜日は朝の8時30分からデイサービス施設で母親の4者面談だった。
その時、余計なことをしゃべり過ぎた。
母の預金を使わなければならない事を話したら、金銭的に余裕があると取られた。
まあ、余裕があるわけではなく、管理に第三者が入る必要が無いように600万円以下にした方が
良いと言われたのだから、あと200万円使えばすぐになくなる。
父の遺産相続に母の預貯金を使うことは何ら問題ないはずなので、姉妹の了承を得てから
数百万円を母が取得する遺産の相続税に当てさせてもらうことで一気に減少する。
それなので、母の預貯金はすぐに減少する。そんな予定でいる。
面談の話としては、
★母は今後毎月1回、2泊3日を一回取り入れれば、自己負担が1万円以上
減るので、そうしてほしいとのこと。
★母のロングショートは継続できる。それは2年間は大丈夫とのこと。それなので、2年間
の間にゆっくりとどこへ行けば良いのかを探すことが良いだろうとのこと。
前に話した施設を選定した理由を伝えたら、あのような施設は国の方針では無くなってほしい
施設とのこと。理由は病院と老人ホームの中間的存在で、財政負担が曖昧なのでどちらかに
それを明確にするためらしい。妹の家から近いのが一番の剪定理由だったが、その話が出た
後に妹の旦那が早逝したので、妹の今後の長い人生をどこでどう過ごすのか、いろいろと
変わってくるだろう事を想像すると、妹の家に近いあの施設が良いと、一概には言えないと思う。
★ショートステイ先の担当者さんの意見としては、母の施設入所はまだ先で良い(2年以上先)
ので、お母様も慣れたここに居てほしいとのこと。ありがたい。

今まで、親父が母を看て、親父が一人で出来ないことを姉や妹に電話して手伝ってもらって
いたので、俺は知らない事も多かった。それは姉妹にとっては苛立たしいこともたくさんあった
だろうと思う。ショートステイ先の担当者さんたちも、多少は何もしない息子さんくらいに
思っているようだった。親父が気遣いとあきらめで俺に知らせないのだから、俺は何もできない。
いや、やれることはたくさんあったはずだが、やっぱり消極的だったんだな。
すまないな、親父。
今頃になったけど、できる範囲はやるからな。心配無いよ。
 

畑の草刈

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 8月28日(月)00時36分47秒
返信・引用
  8月26日の土曜は会社に行かず、朝から晩まで家仕事ばかり。
まずは洗濯を2回。その後、まだ時間が早いので家周りの畑仕事。
親父が残していたピーマンの一列を自分も残したままにしていた。
それが後になって大失敗。黒マルチの中にも脇にも回り中強力な雑草だらけになってしまった。
でも、黒マルチを取らなければ草刈機をかけられない。
仕方なく人力で草を除去してから黒マルチの撤去。除草途中で巻いた黒マルチを2本発見。
そう言えば、冬の間に草刈のためにマルチを除去したのだ。でも一列残した。
支柱が立っているからだったかな?もう理由は忘れたな。
ピーマンの幹が固く木の枝のようになっていて、それを嫌がって残したのか?
とにかくようやく際まで草刈機をかけられるようになった。
そうこうしているうちに10時を回ったと覚えてる。
飲み物など持って、軽トラックに機材を加えて六道の畑へ向かった。
着いてスマホの時間が10時52分。いまから初めて何時に終わるかな?
そう思って開始。初めて少しして自分より年上の女性が道に立って見てる。
見覚えがある。機械の速度のまま近くまで進んでエンジンを止めた。
少し話してマハロのママさんだと思いだした。『変わらないね~』が初めの声。
『おじさんどうしてる?』『亡くなりました。』知らなかったらしい。
転んでもただじゃ起きないスゴイ人だったね。あの人の気質が好きだった。
私の分までお線香あげといて。ハイ、ありがとうございます。
こんなやり取りをして続きをやった。
ちょうど12時になった時にたまたま携帯を見た。時間もいいので一度帰ることにした。
まだ、半分ていどしか終わっていない。
町田さんのファミマで野菜カレー買って帰って庭で食べた。
ブロワー持って行こうと思ってたから、それも積んだ。
さあ行こう。到着して続きをやった。ネズミが何匹も飛び出してくる。
初めは放っておいたけど、やっぱり他人の家に入ったらマズイと思って駆除した。
それにしても結構時間かかった。終わったのたしか16時過ぎてたと思う。
スマホの写真で時間が分かるが、帰りにまたコンビニ寄って、次の畑に行こうか
どうしようかと考え中のところへケアマネさんから電話が来た。
そうだ、約束してたんだ。10分で行くと約束して一度自宅へ戻り、マイバッグを持って
ケアマネさんのところへ向かった。印鑑を用意するためのバッグ。
ケアマネさんとの話は17時20分頃で終わり。
長いからまた今度。
 

草刈 後半

 投稿者:ashitaba  投稿日:2017年 8月21日(月)00時13分54秒
返信・引用
  草刈後半と題したが、後半は無いに等しい。
松屋の昼食を済ませ、休憩せずに家に戻った。掃道具を追加で積むため。
しかし、腰が痛くてたまらない。少し家の中で探し物をしているうちに痛みに負けて玄関の床に寝転がった。
玄関の引き戸は開けたまま、小一時間寝転んでいようと思った。
ゆかさんの電話で起き上がり、電話のあと気を取り直して山の上の土地に行った。
到着したら4時を5分過ぎていた。
車を空地に停めて、長靴を履いて、汗シミだらけの長袖シャツを着て、、、、そこへ
隣の家の奥様と娘が帰ってきた。挨拶して、腰が痛いから境だけやっておきますと伝えた。
刈り払い機で境を一振り分刈った。石だらけでチップソーが激しい音を出す。
あちこちで石に当たって火花を散らしている。これじゃあっという間にディスクがダメになるな。家境と道路側境をL字に刈りこんで終わりにしようと決めた。
ほどなく大粒の雨が降り出した。これはマズイ!
刈り終わったら竹熊手で大急ぎで境側から敷地側に刈った草を掻き込んで片づけた。
終わりにして車に乗り込ん時には土砂降りになっていた。
車に乗ってS自動車に向かった。
S自動車でまずは代車からウチの車に道具など乗せ換え。
そこへS自動車の娘さんがコーヒー入ったから飲んでいってというので頂くことにした。
会長さんは松雄さんのお兄さん。松雄さんの上が巌さんだった。
ボーリングの話をしてくれた。運動になって、お金も使わずに良いからやったらと言われた。
親父の実印の彫り物は当時10万円もだしたとは知らなかった。
今は有名な彫刻家になっているから価値があるとか。どうかね~。
S自動車の土地は1000坪あるそうだ。だからバブル期は坪100万で10億だねと思ったらしい。
今はいいとこ20万だから2億だね。それでも凄いけど。
18時過ぎまで話し込んで、BMWのお客さんと一緒に立ち上がった。BMWさんはボーリング仲間らしい。
元は警察官だったと言ったかな。
帰り際、痛み止め入りのシップ薬をもらった。ありがたいね。
土曜の仕事はこんなもの。
腰が痛くなければもっといい結果出せたけど、腰痛はどうにもならないよ。
 

レンタル掲示板
/7