teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


今週出走馬の単超想定オッズ(ほぼ人気しそう⇒何匹勝ち上がるか??)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月20日(金)00時38分8秒
返信・引用
  土曜中京5R
1 ★バニュルス 2.0
2 ★ドラウプニル 3.4
3 フゼアノート 5.1
4 スギノヴォルケーノ 6.6
5 エレヴァルアスール 14.0


土曜中京9R
1 ★アドマイヤマーズ 1.7
2 エイシンゾーン 3.1
3 ブルスクーロ 4.8
4 タガノジェロディ 9.2
5 マイネルフラップ 12.3


土曜福島5R
1 ウインコンダクター 3.9
2 キタサンバルカン 4.5
3 ★ボスジラ 4.6
4 チェスナットバレー 5.7
5 デュエットカラー 7.4


10 ★ゲインスプレマシー 31.4


土曜函館1R
1 ★イヴォーク 2.4
2 ニシノデイジー 3.4
3 サトノサイベリー 4.5


日曜中京1R
1 ★アドマイヤジャスタ 1.4
2 トロイメント 4.4
3 ハイオソラール 9.5


日曜中京5R
1 ★プランドラー 1.5
2 ★サターン 3.9
3 アドマイヤポラリス 4.2


日曜函館5R
1 アルテヴェルト 1.8
2 ウ★ィクトーリア 2.9
3 クラサーヴィツァ 7.6
 
 

今週の出走(多数出走ですが、私の注目は日曜中京の新馬です)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月20日(金)00時36分17秒
返信・引用
  7/21(土)
中京
5R新馬戦
バニュルス vs ドラウプニル

9R報知杯中京2歳S
アドマイヤマーズ

福島
5R新馬戦
ボスジラ vs ゲインスプレマシー

函館
1R未勝利
イヴォーク


7/22(日)
中京
1R未勝利
アドマイヤジャスタ

5R新馬戦
プランドラー vs サターン

函館
5R
新馬戦
ウィクトーリア
 

田僧馬情報(今週末デビュー予定馬)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月18日(水)00時09分9秒
返信・引用
  プランドラー
半兄マジカルスペル(父Creative Cause)はダートで4勝、全兄グレートウォリアーは芝2000で2勝を挙げているが、
いずれも今後の活躍も楽しみな逸材。この2頭の共通点は芝1800mでデビューして、ともに3着。
新馬戦向きではない血統といった見方もできるかも知れない。

本馬はゲート試験合格後に一旦放牧へ出されて、栗東へ帰厩してからはCWでの追い切りを積み重ねている。
7月5日、7月12日とも古馬を追いかける内容だったが、一杯に追われても追い越せない。
時計が速いので十分に動いているという判断もできるが、池江泰寿厩舎で新馬勝ちするのは、
デビュー前から併せ馬で楽々先着するようなタイプ。
あとは最終追い切りも含めて、どんな動きでどんなレースを見せてくれるかといったところ。
7/22中京芝2000をM.デムーロ騎手で予定。



ウィクトーリア
母は秋華賞の勝ち馬。異父兄にブライトエンブレム、アストラエンブレムがいる。
美浦で乗り込み、先々週の末に函館に移動。到着後は7月14日に15-15程度の調教を消化している。
「ひと追い毎に上向いてきたし、速いところに行くといい。初戦から勝ち負けを意識できるぐらいの
仕上がりにはあると思います」と小島茂之調教師。7/22函館芝1800を岩田康誠騎手で予定。



ボスジラ
全兄のマウントロブソンやポポカテペトルが重賞戦線で活躍しており、伯父にG1を2勝したクロフネがいる。
「まだ馬が水っぽいし、動きにもモタモタしたところがあるけど、いいモノは秘めている。
距離はあったほうが良さそう。しっかりとしてくれば血統的にも走ってくると思う」と佐藤調教助手。
7/21福島芝2000を田辺裕信騎手で予定。



ゲインスプレマシー
スカーレット一族の良血。
異父兄にダート路線で活躍したヴァーミリアン、サカラート、キングスエンブレム、ソリタリーキングがおり、
祖母の全妹スカーレットブーケからもダイワメジャー、ダイワスカーレット、ダイワルージュなど多くの活躍馬が出ている。
「まだ緩いけど、背中はいい。ストライドも大きいし、距離的には長いところが合うと思う」と高柳瑞樹調教師。
7/21福島芝2000を内田博幸騎手で予定。
 

田僧馬情報2(次走&入厩情報)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月16日(月)00時08分15秒
返信・引用
  ソルドラード
8/4新潟新馬芝1600デビュー予定


マイディアライフ
8/5新潟新馬芝1800デビュー予定


イニティウム
8/5小倉新馬芝1800デビュー予定


コントラチェック
次走、7/28札幌未勝利芝1800出走予定


ベルクワイア
次走、8/4新潟未勝利芝1600出走予定


ウーリリ
函館入厩


タンタラス
札幌入厩


オーロトラジェ
入厩
半兄はGⅠ2勝(オークス、秋華賞)のミッキークイーン


エスポワール
入厩
元は角居厩舎所属。
半兄にアドミラブル(青葉賞)、母の兄にヴィクトリー(皐月賞)、リンカーン(GⅠ2着3回)がいる。
 

田僧馬情報1(今週末デビュー予定馬⇒何れも1800以上という事で、来春を意識でしょうか)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月16日(月)00時07分33秒
返信・引用
  ボスジラ
7/21福島新馬2000デビュー予定
全兄にマウントロブソン(スプリングS)、ポポカテペトル(菊花賞3着)がおり、POGでも人気になった一頭。
1週前は美浦ウッドで5F70秒台と遅めだったが、2週前にはウッドで5F68秒台を楽に出しており、仕上げは進んでいる。
兄のイメージから新馬戦勝負の匂いは感じないが、それでも格好はつけてくれるだろう。


ゲインスプレマシー
7/21福島新馬2000デビュー予定
半兄のヴァーミリアン(JCダートなど、交流含むGⅠ9勝)をはじめ、兄姉にはダートの活躍馬が多数いる。
美浦ウッドで5F67秒台と、時計も悪くはない。高柳調教師もお奨めの一頭で、まずは芝デビュー。
確かに上はダート馬が多いのだが、ヴァーミリアンはラジオたんぱ杯2歳S(後のラジオNIKKEI杯)、
キングスエンブレムはすみれSを勝つなど2、3歳時には芝で活躍実績もあり、当馬もPOG期間内なら芝でも楽しめそう。


プランドラー
7/22中京新馬芝2000デビュー予定
POG大人気馬。半兄マジカルスペル(現4勝)、全兄グレートウォリアー(現2勝)も、これからが期待される注目馬。
「稽古では水準以上の動きを見せている。血統的にも中長距離が合いそうなタイプ」と池江師。
調教はCWで6F81秒台、5F66秒台、1Fは11秒半ばの好時計をマーク。
併せたシルヴァンシャーに少差遅れたが、大きく追走したもので問題はない。鞍上はデムーロ騎手。


サターン
7/22中京新馬芝2000デビュー予定
全姉は今年のフラワーCを勝ったカンタービレ。
所属は中竹厩舎が、元は角居厩舎で、キセキ、カンタービレと同じ角居-石川達絵氏ラインである。
調教も動いており、CWで6F82秒台、5F66秒台、上がりは11秒台半ば。
2週前にデビューして2着だった同厩のトーセンカンビーナに比べると、こちらのほうが新馬戦へ向けて
仕上がりは良さそう。鞍上は浜中騎手。


ウィクトーリア
7/22函館新馬芝1800デビュー予定
母は秋華賞勝ち馬、半兄にブライトエンブレム(札幌2歳S)がおり、POGでは毎年注目される一族。
「性格は上に比べて素直。今は体幹を鍛えているところだが、馬格があっていいモノを秘めていそう」と小島茂師。
函館への輸送で熱発もあったようだが、すぐに回復。
14日には時計を出しており大丈夫。鞍上は岩田騎手。
 

中京2歳S登録馬超想定オッズ(アドマイヤ勢は未勝利戦と使い分けるでしょう)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月16日(月)00時05分25秒
返信・引用
  1 ★アドマイヤジャスタ 2.4
2 ★アドマイヤマーズ 2.7
3 ブルスクーロ 5.0
4 エイシンゾーン 5.9
5 マイネルフラップ 14.0
6 キュウドウクン 14.0
7 タガノジェロディ 18.1
8 グランシャピトー 54.3
9 ダンツスピリット 244.3
 

中京2歳S登録馬(勝ち上がり頭数的に5頭立ても??)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月16日(月)00時01分56秒
返信・引用
  7/21中京スポーツ報知杯中京2歳S芝1600
★アドマイヤジャスタ 54.0
★アドマイヤマーズ 54.0
エイシンゾーン 54.0
キュウドウクン 54.0
グランシャピトー 54.0
タガノジェロディ 54.0
ダンツスピリット 54.0
ブルスクーロ 54.0
マイネルフラップ 54.0
 

今週の結果(今週は残念。。長い目で?)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月16日(月)00時00分41秒
返信・引用
  180715(日)中京 5R新馬戦  芝1600m アメリカンウェイク 9着 イソZ  

田僧馬情報3(ママが凄すぎて、ひっそりと掲載 笑)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月13日(金)00時11分47秒
返信・引用
  ソルドラード
8/5新潟芝1600デビュー予定


バイキングクラップ
ゲート試験合格
母はモンマスオークス・米GIIなど海外3勝、
半姉ラキシスはエリザベス女王杯・GIなど重賞2勝、
半兄サトノアラジンは安田記念・GIなど重賞3勝
 

田僧馬情報2(今週の注目記事はこれ⇒牡馬ですがアルママだらけ)

 投稿者:やなZ  投稿日:2018年 7月13日(金)00時10分56秒
返信・引用
  岡田代表、好素材アルママに熱視線「次元違う」
熱いまなざしでターフを見つめた。11日朝の函館競馬場。
ビッグレッドファームグループ・岡田繁幸代表の視線の先には、12年ヴィクトリアMの覇者ホエールキャプチャの
初子アルママがいた。
16年当歳セレクトセールで1億7000万円の高値をつけ、既に英ダービーにも登録済みの好素材。

28日の札幌5R(芝1500)での初陣に向け、コンビを組む柴田大を背に初めて芝コースで追い切られた。
ラブミーリッキー(2歳オープン)、コスモスピード(4歳500万下)との併せ馬を最後方から追走し直線は大外へ。
最内の前者に1馬身遅れたが、後者とはキッチリと併入した。

ラスト1Fは11秒7と鋭い伸び。岡田代表は
「外を回るハンデもあったしね。新馬を勝った馬や古馬相手で、ましてや初めての本馬場の追い切りだから」と涼しい顔。
「牧場でハードに鍛錬を積んで、スピードも筋肉の質も素晴らしい。次元が違う」と強気な姿勢を崩さない。
超一流の相馬眼にかなった若駒が、実戦でどんな走りをするのか-。
今から目が離せない。



良血アルママ 28日初陣へ弾むような伸び披露
札幌開幕週28日の5R新馬戦(芝1500)でデビュー予定の良血アルママの“初時計”を視察するため、
「マイネル軍団」の総帥・岡田繁幸氏、紘和父子が11日、函館競馬場を訪れた。

騎乗予定の柴田大を背に同コース&3頭併せで5F64秒1~1F11秒7(強め)。
道中3馬身前を行くラブミーリッキー(2歳オープン)に1馬身遅れたが、弾むような伸び。
見守った繁幸氏は「あれだけ後ろから外を回れば届かないけど、時計は速い。次元が違う!!
ハードにこれだけやれるのがいい」とご満悦。
12年ヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャの初子。
16年セレクトセール当歳セリで1億8360万円で高額落札された。
母同様の芦毛の初陣に注目が集まる。



ホエールキャプチャ初子アルママ素質片りん/新馬戦
12年ヴィクトリアM覇者ホエールキャプチャの初子で、28日札幌の芝1500戦でデビュー予定のアルママが、
函館芝コースで初追い切りを行った。
「この馬のために来た」と岡田繁幸オーナーが見守るなか3頭併せ。最後方から外を回った。
内のラブミーリッキー(2歳オープン)には1馬身遅れたが、古馬のコスモスピード(500万)と併入。
やや重の馬場ながら、時計も5ハロン64秒1-11秒7と速く、素質の片りんを見せた。

岡田オーナーは当然とばかりにうなずいた。
「ハードな鍛錬を積んできたし、こういう調教を見ても驚かない」。
16年セレクトセール当歳部門で1億7000万円で落札。
「ステイゴールド系の、素晴らしい筋肉の質。次元が違う」。
馬名通り、あるがままの走りで他を圧倒する未来を思い浮かべた。



函館に岡田総帥!「次元が違う」2歳愛馬アルママ視察
ビッグレッドファームグループ代表の岡田繁幸氏が11日、函館競馬場を訪れた。
父が三冠馬オルフェーヴル、母がヴィクトリアマイル勝ち馬ホエールキャプチャという良血馬で、
一昨年のセレクトセールで1億8360万円で落札したアルママの視察が目的。

同馬は入厩後、初めての追い切りを芝コースの3頭併せの大外でハードに行われ、
5ハロン64秒1、上がり36秒5-11秒7をマーク。
先行した内のラブミーリッキー(2歳オープン)には1馬身遅れたものの、
真ん中のコスモスピード(古馬500万)とは併入した。
岡田氏は
「初ものづくし。外を回ったので遅れはやむを得ない。ステイ(ゴールド)系の血で筋肉の質が素晴らしい。次元が違う」
と愛馬(馬主名義は有限会社ビッグレッドファーム)を絶賛。期待の大きさをうかがわせた。
注目のデビュー戦は28日の札幌5R新馬戦(芝1500)となる予定。



“マイネル軍団”の岡田総帥、28日デビュー予定のアルママの追い切り絶賛「これは次元が違う」
“マイネル軍団”の総帥・岡田繁幸氏が11日、函館競馬場を訪れ、自身が所有
(名義はビッグレッドファーム)するアルママの初追い切りを見届けた。

父は初年度からG1馬を出したオルフェーヴルで、母ホエールキャプチャは12年ヴィクトリアマイルの覇者。
16年のセレクトセール(当歳)でほれ込み、1億7000万円で落札した期待馬。初子で430キロと小柄だが、
「筋肉の質が素晴らしい」と相馬眼の達人はベタ褒め。来年のエプソムダービー・英G1にも登録を済ませている。

追い切りは芝コースで柴田大を背に3頭併せ。
最後方から発進すると、大外をブン回して5ハロン64秒1―11秒7をマークした。岡田氏は
「初めての追い切りで普通はここまでできないよ」と舌を巻いた後、「これは次元が違う」と思わずポロリ。
デビュー戦は28日の札幌5R(芝1500)が有力。
注目度の高い開幕週でベールを脱ぐ。
 

レンタル掲示板
/607