teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. Fuku-chan's administrative scrivener consultation福ちゃんの行政書士相談について(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:49/57 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

遺言書をおすすめ・・・

 投稿者:管理人メール  投稿日:2010年 3月 9日(火)18時53分1秒
  通報 編集済
  私の業務の中に、相続に関するものがあります。

誰でも、どの家族でも年月が過ぎ、歳を重ねると早かれ遅かれ直面する事です。

ましてや、体調が優れない方や、病気がちな方がお見えになるご家族では、何時

最悪の状態になるとも限りません。

人は健康な時、まさかの事は微塵も考えないし、それよりも毎日の生活の忙し

さに、考える暇も無く時が過ぎていくと感じている方が一般的ではないでしょうか?

しかし避けることができない別れの時が来た時に、生前から残された家族の為に

不安と不自由をかけないように、準備を万全にされておられる方は良いとしても

準備をしていない方が多少なりともいれば、いまからでも遅くはないので準備を

すべきだと思います。

実際突然相続が始まると、預金通帳が何冊あって、キャッシュカードの暗証番号は

分からないとか、本人が借り入れしていた銀行から請求があって、初めて債務が分

かったとか、また本人名義の土地、建物の不動産を共同相続人間でうまく分割協議で

きるのか?などなど残された家族の皆さんにとって解決しなければならない問題が

たくさん出てきます。

当然なくなられた方の銀行口座は引き出しストップになります。

遺言書が無い時は原則法定相続になり、法定共同相続人間で遺産の分割を法定相続分

にそって分ける事になります。

また相続人には遺留分規定等があり、相続人間で話し合う時は意見が合わない事も珍しくあ

りません。

家族の柱である働き手である方がなくなられたら、残された皆さんで協力し合って助け合っ

ていく意識が持てるように、残された皆さんの相続財産については、ご本人自らが、相続分

の指定をして、この財産は誰に、あの預金は誰に、この家と土地は誰に、ご先祖様はだれに

というように指定されれば、最低限被相続人の意思として、分配の仕方の大枠ができると思

います。

そうなる為には最低限遺言書を書いておく事だと思います。

それが相続人の方たちへの一番大切な遺産ではないでしょうか?

残された家族の皆さんが安心して、仲良く幸せに暮らしていく為にも遺言は大切な

法律行為です。

遺言は年配になってからいよいよ書くものではありません。

若いうちの頭が柔軟な、物事を多面的に考えれる時こそ書くべき時期だと思います。

遺言書は何度でも書くことができます。

ただし新しいものが有効になります。

自筆証書遺言もあれば公正証書遺言その他や特別の場合の遺言などがありますが

専門家のアドバイスをもとに作られる事をお勧めします。

いつでもご質問、ご相談に応じますので、下記HPの連絡先までお問い合わせいただければ

ご要望に沿ったお手伝いができると思います。

お待ちしております。

福永行政書士HPの連絡先にメルア

ド、TELが載っています。上の下線部分をクリックください。

http://www.ob2.aitai.ne.jp/~zenkoku/

 
 
》記事一覧表示

新着順:49/57 《前のページ | 次のページ》
/57